×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私塾元彪学園正門


ファンレター基本情報
どこに出すか
「無問題2」舞台挨拶の際、かの有名なアイドル系元彪ファンサイト「YUEN BIAO!」の皆さんが、スタッフにファンレターのあて先を尋ねました。その回答として元彪サイドから無問題2スタッフに伝えられ「無問題2」のBBSに発表されたのがこの住所です。
スタッフにあて先を聞いてくれたファンの方々、またファン同士をつないでくれたサイト運営者の方々、元彪サイドに問い合わせ回答してくださった「無問題2」スタッフの皆さん、どーもありがとー!!

Yuen Biao Films Co. Ltd.
Unit 3, 19/Floor, Billion Trade Centre, 31 Hung To Road, Kwun Tong, Hong Kong

06年冬頃移転したようです

13FLOOR,EVERGLORY CENTRE, NO.1B
KIMBERLEY STREET,TSIM SHA TSUI,
KOWLOON,HONG KONG.
(九龍尖沙咀金巴利街1B恒港中心13樓)

92年頃だと思うのですが、自分は高い金出して買った香港のムックで調べて「元彪電影公司」の住所にファンレターを出して戻ってきた事がありました。「パソコン通信」とかの時代で今と比べると劇的に情報が少なかったです。今は多すぎておっかけ切れなかったりしますが(笑)。

元彪は現在カナダ在住ですが、それなりの頻度でゴルフ仕事の為香港に戻っており、その際ファンレターに目を通している模様です。

 

どうやって出すか
こちらのよーなヘタレサイトを見るより、郵便局の窓口で尋ねるのが一番てっとり早いと思います(笑)
自分はゆうびんホームページで調べる事が多いです。

国際郵便料金についてはこちら
国際郵便条件表はこちら
通常郵便物の大きさ・重量はについてはこちら
香港宛の郵便物についての情報はこちら

に詳しく載っています。

表書きの体裁ですが、検索方法が悪いのか、ゆうびんホームページには見当たらなかったので、「まおうはいつもこのように書いている」とゆー例を掲載します。マナー的にどうか、郵便局的にいかがなものかは不明です。お仕事などで海外とやりとりのある方、ちゃんとした表記のルールを突っ込んでいただけると嬉しいんですが。差出人情報を書く位置は左から何センチ上から何センチとか決まりがあったよーななかったよーな・・・。とりあえず自分の場合はいつもこの書き方で届いていますので、なすすべない方は参考にしてください。

言葉は何語を使うか
皆様ご存知のとおり、元彪の日常言語は広東語ですが、必ずしも広東語で書く必要はありません。

「YUEN BIAO!」「YOU CAN BELIEVE」のお客様、並びに当学園の生徒さんによると、
英語には英語の返事が、中国語には中国語の返事が来るようです。
返事は英語で来るようですが、日本語で書いても読んでくれます。
(「ブイブイ」時代には日本語の書けるスタッフの手によるレターが来たこともあったようです)

自分は、普通語(日本では「北京語」と呼ばれる事の多い、中国大陸の標準語)を学習した事があるので中国語で書き、中国語の返事を頂いています。なんとか意味は通じているようです(多分・汗)。

「英語はどこでも通じるから英語にしておこう」「一字一句わかってもらいたいからイチから広東語を勉強して書く!」などなど、色んな考え方の方がおられると思いますが、「英語も中国語も書けないからファンレター出したいけど出さない」って考えるのはもったいないと思います。日本語で書いても、あるいはつたない英語・中国語であっても、応援してるって気持ちは伝わるんではないでしょーか?

何語でもいいからファンレターを出して元彪をやる気にさせよう(元彪シゴトシロー)!

あと、映画の内容に触れたい場合、タイトルは邦題より英語タイトルや原題で書いた方が良いように思います。原題をそらんじているファンの方も多いかと思いますが、元彪に似てうろ覚えなあなたは「YOU CAN BELIEVE」「フィルモグラフィー」のページへGO!!

簡単な中国語を一行・二行とか添えてみてもいいと思います。少しぐらい間違えていても相手が外国人だと判っていれば、そんなに失礼に感じないし、どちらかといえば好感を持つものではないでしょうか?
手紙で使えそうな中国語の決り文句をいくつかあげますので参考にして下さいね!(←注・作ってみたんですが、画像データがいまいちうまく加工できず見づらいです。一応暫定でUPしておきますので宜しかったらご覧下さい)

 

ちょっとしたコツ?
これは、元彪に限らず、外国人のタレントさんにファンレターを出す時のお話になりますが、

・日本らしい図案のカードなどを使う
・いつも同じ便箋・封筒だと印象付けやすい
・日本の媒体に露出があった場合それを送ると喜ぶ傾向がある(雑誌とか)
・ファンレターは、本人だけではなく、事務所スタッフや家族も見ているであろうことを念頭において書く
・「相手が「犬好き」「猫好き」と分かっている場合なんかは、可愛い犬便箋とか、自分のペットの写真入の便箋やカードなんかを使うのも良いかも。(by らびさん tks)

このアドバイスを頂いて「おおっ!なるほどっ!」と思った自分は
「犬好き」を印象づける為に、毎回スヌーピーの封筒で送るようにしております。
残念ながら、一通目を出した後にこのお話を伺ったので、同じ封筒を毎回使うのは難しいんですが、
便箋は(図柄はヘボいが)自分で印刷したレターヘッドを使っているので、毎回同じです。

「日本らしい図案」については記念切手とかでその類の物を見かけた時に買うようにしてます。

手作りイラストのカードなんかで印象付けをはかっている方もいらっしゃるようで。
皆さん、色々工夫されてますよね。
自分はまだまだ気力が足りないのかも(笑)アイコラ加工を施した写真でも送りつけようかと思ったら「それじゃもし会うチャンスがあっても名乗り出られないじゃん」と突っ込まれました。浅はか。

 

これだけさわいでおいて、いまさらですが・・・
なんだか返事の事ばかり強調してしまいましたが、「返事をもらえるから出そう」と言う主旨ではありません。そりゃファンとしては返事が来るのがとっても嬉しいですし、またレターを書くモチベーションにもなるんですが。
向こうはスターですので、忙しくて返事を出せない事もあるでしょうし、郵便事故とかも割とあるようですから、返事は来なくても当たり前だと思って投函したいもの(←自分に言い聞かせる)

皆さんからのレターを募集している理由は「五月の航空便」に書いてありますので、ご理解下さい。
このコーナーは元彪が好きで、応援する気持ちを元彪に伝えたい!という方に少しでも役立てていただければ一ファンとして嬉しいです(←ファンサイトらしく、まとめ)。

 

「五月の航空便」へ戻る